Publication

 

高付加価値科学データ創出を指向した研究データ管理プラットフォームのアーキテクチャ Public Deposited

近年, クラウドコンピューティング, 機械学習の成熟化に伴い, 材料科学分野におけるデータ利活用は益々高い需要にある. そのためには研究開始の創出期から実用に向けた適用応用期迄に創出される一連の研究データをシームレス・高品質に管理・提供出来る研究データ管理プラットフォームの実現が求められる. 本稿では, 国立研究開発法人 物質・材料研究機構で設計開発を進める材料データプラットフォームのアーキテクチャの上位機能層の構成について概説する. そこでは来歴管理や, データ識別・一意性を実現するためのPIDサービス, 機構内に広く存在する計測装置・システム等から大規模にデータ収集を目指すアダプタ, オントロジ管理等, を含んで構成され, マイクロサービス概念を適用した柔軟性を合わせ持つ.

Creator
Keyword
Language
Publisher
Date
Rights
Resource type
First published at
Event
Journal
Last modified
  • 11/09/2020

Items